FACTBASE

香川県のネット・ゲーム規制に賛成する?

香川県議会は子どものネット・ゲームの使用を制限する「ネット・ゲーム依存症対策条例」を賛成多数で可決しました。あなたはこの条例に賛成しますか?

参考情報
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56721740S0A310C2LA0000/

行動を規制するような法律や条例を制定するときには、議論をはじめる前に、明確なエビデンスがなければならないと思います。 今回の件では、議論うんぬん以前にエビデンスが示されていません。 「実際に効果があるのか」という話については、↓この記事の内容が分かりやすかったです。

ただでさえ過疎化が進んでる地域が何で若者がいなくなるような政策を行うのか謎。 これじゃ、東京一極集中するのは当たり前。

たとえば、ゲームを1時間という制約を守れず没収したとする(携帯、携帯型ゲームなど)。それをされた子供はどうなるだろうか?もちろん私も没収されたことがあるので経験上どこに隠したのか、どうやったらバレずに出来るかと鬱憤がたまる。ということは次返された時どれだけ没収されないかという負の連鎖になるのではないだろうか?このページを参考にすると決して没収をする、時間を制限したからといって直接的なゲーム障害への解決にはならないのではないだろうか?

「ゲーム使用時間」と「ゲーム依存傾向」の因果関係を示す論文をciniiとgoogle scholarでがんばって探したのですが、どうしても見つかりませんでした。「相関関係あり」はたくさん出てくるのですが、「因果関係あり」の決定的なデータがありません。 以下リンクの論文は、「ネット依存はアルコール中毒/ギャンブル依存と似ている」とする先行研究を批判するものです。「ネット利用時間が長いほど影響が大きい」とする英語の先行研究がp.31に列挙されていたので、インターネットで閲覧できるものはすべて確認したのですが、私が見るかぎりどれも相関関係にとどまっていました。

マジでクソな話!俺ら若い世代のことをわからないダメな大人ばっかり集まってるからだよ。中高生を中心に議論させてほしい!もっとマシな結論だすでしょもち。

自分はゲームから学ぶことも多いと思うので、反対します。 RPGゲームを勧める際の計画性やオンラインゲームでコミュニケーション能力、パズルゲームで空間把握能力や論理性などゲームから学べたり、頭を使う練習はいくらでも出来ると思うので、 あとゲームはいまサブがついているが、時代が進むことにより、文化の一つになると思います。

このディスカッションをシェアしよう
ツイートシェア