FACTBASE

新卒でフリーランスになるべきか、一度は会社に就職するべきか

結論の出ない議論かもしれませんが、ぜひあなたの意見を教えてください。

しっかりした考えを持ち、次に何がしたいか、どう進めていくか、ちゃんと考えられる人はフリーになってもいいと思います。 逆に、よくわからないけどいい感じになりたい、みたいな人は一度会社に就職したほうがいいと思います。 問題なのは上記の組み合わせで、本当はよくわかってないのに、自分はちゃんと考えてるから大人以上によく色々わかってるはず、と思い込んでいるという人がいることです。こういう人は絶対就職するべきです。 会社では働くとはどういうことか、働くためにすべきこと、考えるべきことは何なのかを学ぶことができる場でもあります。経験もせず想像だけしているのとは全く違います。 何も考えなくてもそれをある程度学べるというのは本当に素晴らしいことです。ですので総合としては就職すべき、の主張です。

海外がどうなっているか知りませんが、日本においては新卒採用と中途採用では採用枠や入社後のプロセスが全然違います。 大手であればあるほど入社時のフォローや研修が充実しているため、新卒で入るとお得ですので、すぐ辞めるにしても新卒で入っておくといいかなと思います。

就職すべきというのは、仕事をしたことがなく実績(スキル&経験)を持っていない『新卒』限定です。実績とビジネススキルを併せ持つのであれば、就職は不要。そもそも新卒枠でなくて、中途枠でも良い。 スキルも経験もないフリーランスは、まともな仕事がもらえません。まともな仕事がもらえなければ経験も積めません。 それでも独立するという強い覚悟があるのであれば、起業したほうが良いと思う派。※フリーランスと似てますが、仕事をもらうフリーランスとはちょっと違う。

発注側からするとフリーランスへの発注は納品前に事故で死んじゃったりする履行リスクを伴うので他に代替えの効く場合には発注を避ける方向にあいます。故にアーティストなどの超クリエイティブな仕事以外での成功確度は低いのが現実です。で、今のこのご時世では関連倒産を防ぐため発注先は厳しく見られる事態になります。人生を成功させたいなら就職して副業としてアプローチするところから始めた方がいいと思う

何事も商売をするには「顧客」の事を理解したほうが成功への近道。そういった意味で

何より社会の仕組み流れを実感した方が後の幅に広がると思う。 そこで感じた問題点にアプローチ出来ると強い。

このディスカッションをシェアしよう
ツイートシェア