FACTBASE

転売=悪?

限定グッズやコンサートチケット、マスクなどの転売について「転売ヤー」などと揶揄し、憤慨するツイートをしばしば見かけます。転売は悪なのでしょうか?

参考情報
https://www.google.co.jp/amp/s/www.yomiuri.co.jp/politics/20200310-OYT1T50148/amp/

受給バランス次第で善にも悪にもなるので、どちらでもないに一票。 今回は問題となったマスク転売について書きます。 【結論】マスク転売が悪い理由は、社会の厚生を減じている行為だからです。 【前提】自由市場は、受給バランスが価格を適正にするために不要なものを生産しない効率化を期待されています。 自由市場は、社会の厚生に資するので認められているのであって、社会厚生が自由市場よりも優先されます。 【理由】今回のマスクのように需要過多になった財を買い占めることで、流通ルートに転売という無用な過程を増やし値を吊り上げることは社会の厚生を阻害しています。 【補足】転売屋と卸の違いは、在庫機能や流通の効率化という社会構成に資する存在意義です。 需要過多の場合の転売屋は不要なところに割り込んで流通ルートを非効率化しているので社会構成を害する存在です。

倫理的に考えればマスクの高額な転売は悪になると思いますが、違法にしてまで規制することは無いのかなと思いました。 お金がある人は買うし、高いと思った人は買わない。需要と供給がマッチするなら、転売は普通の経済活動に過ぎないと思います。

私は不当な値段で転売するのは悪だと思いますが定価転売は悪では無いと思います。 ようはそれようのサイトを作ればいいと思います。

当方は鉄道の模型を趣味としていますが、基本的に鉄道模型は少数の生産で全て短期間に売り切るスタイルのため、どうしても欲しいものを中古で入手することが前提となる趣味です。 このような趣味であると放出された転売品、またオークションサイトの存在などがどうしても必要になるため、転売自体を悪とするのは違うように感じます。 今回の件で問題なのは、 ・端から転売行為のための購入であり、本来必要ない仲介者の介入があること ・デマ及び転売目的での購入による品薄 ・品薄になった商品が生活必需品であること(このようななかで転売した人間から購入せざる得ない状況) ここらへんに集約されると思います。

「転売」をまず定義してから考えたいです。 オークションやチケット譲渡を転売に含むとすれば、転売が一概に全てダメとは言いきれないですし、逆に利益を目的とした大量購入と高額転売は規制されるべきと思います。よって、「どこからが悪質な転売と呼べるか」という話になると考えます。 私は、利潤を求めて行う転売、特に元の価格よりも高額で売る場合は悪質だと思います。とはいえ、法で規制するとなるともう少し細かい線引きが必要な気がします。

今回のコロナにおけるマスク転売といった、国全体で予防の取り組みをしようとしているにも関わらず、転売するのは良くないなと思います。医療関連の物品の転売は生命に関わるので。 しかし、チケット等の高額販売はどちらともいえないと思います。高額でもいいから買いたいと思う人が一部存在するのなら、高額で転売することも悪ではないのかな、と。チケット販売元に不利益が生じるなら良くないのでしょうが、そういうわけでもない。実際、高額転売が実現しているのは、高額で買う人がいるからであり、結局のところそのチケットの需要と供給が成り立っているのだと思います。需要がないなら、そのチケットは転売ヤーは買わないでしょうから。ただ、悪だと考える人も一定数いるので、善ではないと思います。 法で規制するのならば、規制対象を設定したら良いと思います。何でも規制するのは違うように思います。

このディスカッションをシェアしよう
ツイートシェア